見出し画像

「何者」になるにはどうすればいい? 『sio』の鳥羽周作さんに聞いてみた

「何者かになりたい」

そんな声をTwitterでよく見かけます。特に、キャリアを築いている途中の20代は、何者かになるために新しいことに挑戦したり、自分を見つめ直したりともがくことが多いですよね。

前回に引き続き、今回お話を聞いたのは、レストラン・『sio』のオーナーシェフを務める鳥羽周作さん。

かつてはJリーガーを志していた彼が「何者」かになれた瞬間はいつだったのか。鳥羽さんの「プロとは何ぞや」論や、「続けるためのコツ」なども併せてお聞きしました。

▼前回の記事はこちら
「飲食店に”コスパ”はいらない」2万円のコースがつねに満席の『sio』にその秘密を聞いてみた

〈文=ゆぴ(17)〉

「何者になるか」より「何をやりたいか」を考える

すがけん:
Twitterを見ているとみんな「何者かになりたい」と言ってます。僕もたしかに20代のころは自分は何かが足りないな、と思っていたんだけど、鳥羽さんはどうでした?

鳥羽さん:
僕は、「何になりたいか」というよりは「何をやりたいか」という「事(こと)」に向かわないといけないと思っています。そして、そのために今何をしなくちゃいけないかを考えるのが大事だと思うんですよ。

昔は、有名になりたいと思っていたこともあるけれど、今はそれよりも『sio』を通じて何をしたいのか、ということに興味がありますね。だから、幸せの分母を増やすために育成をするし、自分が知られてないと人が集まらないのであれば、メディアに出てフィロソフィーも話します。「何になりたいか」は後付けですよね。

すがけん:
でも、若いときはそれをどうやって見つけていったらいいんですかね? 僕は未だに「これだ!」というのがなくて、興味があることを実験的にやってるだけなんですよね。

鳥羽さん:
でも、それでいいと思うんですよね。意外とやりたいことはないけど、目の前の興味あることを楽しんでやっている人が活躍しているし、これは「性分」の問題だと思うんですよ。

現時点で「1店舗でたくさんお客さんが入っているし、もういいじゃん」なんて言われますけど、僕は自分よりも料理をやれる人が増えてほしいと思っているから、もっと店舗を増やしていきたいと思っています。ただただ、そういう「性分」なんですよね。

すがけん:
その「性分」というのは昔からですかね?

鳥羽さん:
考えは大人になってから整ってきたんですけど、思い返してみれば親父がそうだったんですよ。昔から、サッカーの練習が終わったらみんなでうちに来て、親父が作ったカレーを食べていました。そういう親父のもとで育ったから、家の出入りも多かったし、人と何かをするのが好きだったんです。

鳥羽さん:
ただ、そのときはそれを職業にするという感覚もなかったし、もともとそんな大義名分があって『sio』を作ったわけじゃない。

それが、シェフになったときに、「シェフになって何するの?」という思いが芽生えてきたり、「一生懸命働いたのに給料が全然もらえない」「料理業界って何でこんな稼げないんだ」と課題が見えたりして、それが『sio』になる経緯で整っていったんだと思います。

すがけん:
その、下積みをやったときに感じたことを、今変えられる立場になって、自分の意思決定で大義としてやっているんですね。だって、正直原価を下げて利益だけ取ってもいいわけじゃないですか。

鳥羽さん:
いやぁ、性分なんでしょうね(笑)。僕は「働きたい」って言われたら断れないからみんな雇っちゃって、結局箱がないから新しいお店をやるわけじゃないですか。

自分もそうやって育ってきたから、次のお店は若い子がチャレンジできるようにしよう、と思ってやっています。何でかというと、僕はめっちゃ料理が好きで、料理業界が好きだからです。

「プロ」とは求められているものに期待以上を返すこと

鳥羽さん;
最近、「プロって何なのか」と言うことを整理しているんですけど、やっぱり求められているものに対し、期待以上を返すことだと思うんですよね。昔も今も「サッカーのプロはすごいなぁ」と思っているんですけど、フラットで見たときに、プロであるための「覚悟」ってそんな軽いものじゃないですよね。

僕が人生のなかで料理を作る回数って決まっていて、すがけんさんも一生に出会うお客さんは決まっているじゃないですか。そのうちの1回や1人ってすごく大きくて、その「機会に対する覚悟」がどれだけあるかが大事だと思っています。

すがけん:
sioにとっての料理は「日常」だけど、食べるほうは人生のなかの1回かもしれないですよね。僕も、仕事で嫌なこと、責任の取れないことは絶対にやらないと決めています。そうやって資料は作らないけど、考えることに責任を持ちます、と徹底してやってきて、おかげさまで1年経ちました。

鳥羽さん;
それはすごく本質的ですよね。

すがけん:
宇多田ヒカルさんのプロデューサーが教えてくれたんですけど、宇多田さんはファンクラブがないんですよ。あったほうが絶対儲かるのに。

この続きをみるには

この続き:2,421文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると月に2本企業の10倍成長に役立ちそうな内容をお届けします。

経営者の方、出世したい方向け。とくにIT関連、マーケティング、テクノロジー関連が苦手な人にも有効です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
15

企業の10倍成長に効くノート / 株式会社ムーンショット

過去に会社経営やアドバイザーとして経験したことを元に企業が10倍成長を遂げるために効果的なことをお話します。 経営者の方、出世したい方向け。IT関連、マーケティング、テクノロジー企業で働く人にも有効です。 菅原 健一 / すがけん @xxkenai

企業の10倍成長に効くマガジン

経営者の方、出世したい方向け。とくにIT関連、マーケティング、テクノロジー関連が苦手な人にも有効です。

コメント1件

よかったです…!昔の自分へ読ませたい記事…😭
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。