見出し画像

早いうちからマーケターとして成長し続けるために必要なこと

1.はじめに:Moonshot note リニューアルについて

僕は31歳のとき、初めてアドテク業界に入りました。その頃の僕は「広告=マーケティング」だと思っていたので、 そこから2年間はひたすらアドテクの情報をキャッチアップし実践していましたが、その時に様々な先輩に出会い教えていただいたことがありました。

それは
・広告がマーケティングの全てではないということ
・マーケティングという上位概念を知らずに広告を語ることはできない。(広告はマーケティングの一部なのにマーケティングの全体を知らずに広告をするのはおかしいということ。)
この、2点でした。

もしあの時の僕に誰も本当のマーケティングを教えてくれてくれなかったら、僕は今でもずっと勘違いし続けたままだったと思います。

だからこそ、もしあの頃の僕と同じようにマーケティングや広告について勘違いしている方がいれば、ぜひこのnoteを読んでマーケティングとは何なのかを考え、マーケターとしてのスタート地点に立ち戻るきっかけになればいいなと思っています。

今後このnoteは、マーケターとして成長したい方やビジネスマンとして成長したい方など、向上心がある方々のヒントになればいいなと思い、本日からリニューアルします。業界の偉大なる先輩たちが僕に気付きを与えてくれたあの日から、僕が学んできた大切な情報を定期的に惜しみなく発信していきます。

更新内容としては月4回(頑張って書きます)。そのうちの2回はマーケティングの基礎について、後の2回は様々な企業の経営者の方のインタビュー記事を公開します。たまに、ラジオ形式や動画でも配信する予定なので楽しみにしていてください。経営者の方の生の声が聞ける、とても貴重な機会になると思います。

2.早いうちからマーケターとして成長するために必要な4つのポイント

2-1.基礎を知ること

マーケティングを実践していく中で大切なポイント、1つ目は「基礎を知ること」です。 あなたがマーケターとして活躍するなら、まずは基礎を知り、その上に最新の情報や自分の意見を加えていくべきです。 土台がない状態で流行のマーケティング知識を付けようとすると、どうしても理解が浅くなってしまいます。その為、今後このnoteではマーケティングの基礎を中心に紹介していきますので、ぜひ購読してみてください。 (合わないなと思ったらすぐに辞めてください。)

2-2.フレームワークを身に付けること

2つ目のポイントは、「フレームワークを身に付けること」です。 マーケティングをする際にはまず、フレームワークを知り、そのフレームワークを用いてその順番・考え方通りに実践することが大切です。

例えば、フィリップコトラーさんが提唱している「STP」を知り、STPに沿ってマーケティングプランを考えることもフレームワークの実践です。(※STPについては今後のnoteでご紹介します)
もしそのフレームワークが古いと感じたら、そこで見直せば良いのです。最初から流行の新しいものをやろうとはせずに、まずはフレームワークに忠実に従い、実践することを意識してみてください。

2-3.一貫性を持ってマーケティングができること

マーケティングのプロセスはとても長いため、その場しのぎの対応では成立しません。
そのため、最初に決めたやり方で、基礎とフレームワークに乗っ取り、途中で見直し・改善をしながら、マーケティングの一連のプロセスをやり遂げることが大切です。
ただ、やるだけではなく上手にやれるようになることが目的です。あなたがマーケターとして成長するために、正しいと思えることをやり遂げ、少しずつ上手になりましょう。この考え方の差が、10年後のマーケターとしての差を作るのです。

2-4.考える力を身に付けること

ここまで3点を紹介してきましたが、基礎を知り、フレームワークを身につけ、一貫性を持ってマーケティングする中で、そもそも「考える力」が無いと結果はそこそこにしかなりません。

考える力というのは、「如何に問題を深く捉えることができるのか」「問題の解決策をどれくらい的確に提案できるのか」に繋がってきます。 人はどうしても何か答えを出そうとする際に、1つの案に固執してしまいがちですが、考える力があればあらゆるパターンを考え、その中から最適な答えを導き出すことができるようになります。※過去記事 浅い思考を深める方法参照

例えばマーケティングプランも、20パターンほどの選択肢を考えられるようになると、 本当に自分が必要としている答えを選ぶことが可能になります。日々の訓練をしておくと、問題に直面したときに、 フラットに多くの方と意見交換をしながら様々なプランから実行できるようになります。

残念ながら、「考える力」についてはこのnoteだけでは身に付けることはできないので、 本当に考える力を増やしたい方は、「#20代マーケピザ 養成所オンライン」もぜひ検討してみてください。募集期間は8月末までです。

▼募集はこちら

3.そもそも、なぜ早いうちが良いのか

この記事のタイトルでもあるように、なぜマーケターは早いうちから成長するべきなのか。 それは、マーケティングを学び始めた段階で変な知識や考え方の癖が着いてしまうと、後々癖を治すのが難しくなってしまうからです。
そのため、変な癖をつけないために最初から正しい知識をつけることが大前提となってきます。 出来るだけ正しいフレームワークを持ち、正しい実践をして成長へ繋げていきましょう。

また、正しい知識は「意見の交換を可能とする」ので、早いうちから正しい知識を身につけ正しい定義ができることで、 人と認識のズレが起きず、質の高い意見交換ができるようになります。 マーケティングは学問であるからこそ、正しい知識を身に付け、正しい言葉を使い、多くの人と意見交換をすることで、早いうちから大きな成長を目指しましょう。

4.成長するために僕が意識していたこと

4-1.正しいことを教えてくれる信頼できる先輩を見つけること

冒頭でお伝えしたように、僕は30代の前半で、正しいことを教えてくれる業界内の優れた先輩に出会え、教えてもらうことで自分の間違いに気付くことができました。 だから早く大きく成長するためには、早いタイミングで間違いを正してもらえる、信頼できる先輩を見つけることが重要です。先輩はできれば社内より、フラットに自分に対して正しいことを言ってくれる社外の方が良いでしょう。

その先輩が正しいかどうかを判断する軸としては、話している内容に「一貫性」があるかどうかです。 上に行って優秀な人に出会えば出会うほどみんな同じことを言ってますし、同じことを教えてくれます。

そして、その人たちから教えてもらった内容を、自分で正しく解釈することも大事です。 正しく解釈するためにまずは、「自分には、変な癖が付いているかもしれない...」と自分を疑うことも必要です。正しい先輩の意見を聞き、自分の癖を見抜き、自分を正しい思考に乗せることで、あなたの成長幅は大きく変わることでしょう。

僕も未だに、自分の知識が間違っていないかを疑い続け、自分の間違いに気付き、正しいプロセスに沿って物事を進めることを意識しています。 マーケターの仕事は疑う仕事ですが、その先輩たちが言ったことに疑いがあったとしても、一貫性があるならば、一度はしっかり実践してうまくいかなかったら先輩に新たな方法を聞いてみれば良いのです。

4-2.多くの人とあって意見交換をする。

例えばイベントに参加した時、ただ聞くだけで終わりではなく、隣のマーケターと意見を交換してみたり、 隣のマーケターが何を伝えたいのかをしっかり納得できるまで聞いてみることで、 自分にあらゆる刺激を与える時間と回数が増やせます。この刺激を増やすことが、あなたの成長にとって重要になります。
人との会話の中で、自分がダメだなと思えば思うほど成長できるのに、ダメだと思いたくないからという理由で逃げてしまうと、成長の機会を逃してしまいます。ダメなことに気付き、その時の刺激を次のモチベーションに変えることができるようにならないといけません。


----------------

最後に

 僕は「凄い人になりたい!」を目標におくことはおすすめしません。凄い人が凄い人のまま居続けることは難しく、 少しでも努力を怠ってしまうとまた次の凄い人が必ず現れてしまいます。そうするとそこで諦めてしまう人も少なくありません。 なので、「凄い人になる」という目標を「成長をし続ける」に捉え直すだけで、常に目標に向かって頑張れる人になれるでしょう。

 例えばあのGoogleでさえまだ、検索業界の王者とは思っていなくて、自分たちをマーケティングサービス関連の「チャレンジャー」として認識しているのです。

だからこそ、僕も今でもチャレンジャーとして成長し続けることを意識しています。 ぜひ、成長したい!というチャレンジャーのみなさんがこのnoteに集まってくれることを楽しみにしています。

みなさんが迷わず成長し続けられる人になれるように、役に立つ情報を発信して行こうと思うので 、みなさんも見逃すことなく付いてきてください!

次回は実際にマーケティングとは何か、基礎に立ち返ってみたいと思います。お楽しみに!

今後の直近の記事は 株式会社LDH JAPAN 執行役員 兼 CDO の 長瀬さんインタビュー(内容はお楽しみに)を予定しております。成長したいマーケターの方はこちらからぜひ購読をしてみてください。

▼直近3ヶ月のnote更新内容(予定)

▼購読はこちら

また、50名以上で1年間購読してくださる予定の企業へは、特別に講演会を実施させていただきます!その場合は、FacebookかTwitterにてメッセージをお送りください。詳細は直接お話できればと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。これから始まるMoonshotのnoteにご期待ください!

この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると月に2本企業の10倍成長に役立ちそうな内容をお届けします。

経営者の方、出世したい方向け。とくにIT関連、マーケティング、テクノロジー関連が苦手な人にも有効です。

このマガジンを購読すると「企業の10倍成長に効くマガジン」と同様のものを御社の中限定で回覧しても良い権利が付きます。

過去に会社経営やアドバイザーとして経験したことを元に企業が10倍成長を遂げるために効果的なことをお話します。 経営者の方、出世したい方...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
23
Moonshot Inc. CEO/10倍成長支援。複雑な問題を解くのが仕事。経営してた企業をKDDI子会社に売却、役員を継続して売上200億円に成長。スマニューを経て現職。マーケがわかる戦略家 / #20代マーケピザ / #エンジェル投資家 / #adtechtokyo
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。