見出し画像

#20代マーケピザ 養成所メンバーが対応型から計画型になった話

#20代マーケピザ 養成所 が始まって1ヶ月弱。養成所メンバーがすでに成長し、成功し始めています。
 #20代マーケピザ  養成所オンライン を応募しようか検討してくれているあなたに、具体的にどういう成長曲線を描いている人がいるのかをお伝えしたいと思います。


1: #20代マーケピザ  養成所 第1回のお題とは

テーマは「プロとは何か、経営者として自分を経営する」にしました。
なぜ第1回にこのお題をもってきたかというと、養成所メンバーにはマーケティングの知識より、プレゼンスキルよりもまず「対応型」から「計画型」になってもらいたかったから。

プロのマーケターとして成長するためには実は『経営センス』が必要になります。そのためにはまずはみなさんが「最小単位である自分」をきちんと経営できなければなりません。
世の中のプロフェッショナルと呼ばれる全ての人は、皆自分をきちんと経営し、計画型の行動をしています。

養成所メンバーには、まず第1回の課題を通して、目指すべきプロフェッショナルの姿勢を肌で感じ、「プロの仕事」を伝えたかったのです。

だからこそ、会場は僕の大好きな鳥羽 周作( @pirlo05050505 )さんのsioしかないと思いました。

改めて、鳥羽さん、sioのスタッフのみなさん、養成所のためにご協力いただきありがとうございました!

会場 sio / シオ( http://sio-yoyogiuehara.com/
シェフ 鳥羽 周作さん(  @pirlo05050505  )+ スタッフのみなさま

自分自身を1年間どう経営するか?を計画してもらい、以下5枚のスライドに落とした内容を当日5分でプレゼンしてもらう形にしました。

-------------

スライド0.自己紹介
スライド1.自分を経営するというのはどういうことか?
スライド2.この1年でどんな自分(before)がどうなりたいのか(after)
スライド3.そのために自分の持っている資源(金・人・物)をどうやって活用するのか
スライド4. #20代マーケピザ 養成所のメンバーへどう貢献するのか

-------------

2:お題の終了要件は、「1位を取ること」


プレゼン発表を含めて22人のメンバーのなかで1位を取ることを終了要件にしました。選考基準は、「1年で成功するための計画を立てれたか」です。

結果をお伝えすると、こやたん( @koyatan_ )が1位になりました。こやたんは第1回のお題が発表されてからプレゼン当日まで、1ヵ月も立たない間にすごく成長してくれました。

#20代マーケピザ 養成所オンラインを知ってくれたあなたへ、ぜひこやたんがなぜ1位を取れたのか?なぜ短い期間で成長することができたのか?を知っていただきたいです。

3:最初は「計画」ではなく「対応」になっていた

ここで重要なのが、発表日までの計画を立てることです。でも、養成所メンバーでも動き出しは中々遅くて、正直、みんな大丈夫かなー?と心配になり、発破をかけるメッセージを送ったりしました。

発表当日までに1人2回まで僕のレビューを受けられるルールにしたのですが、その目的は、いつ使うかと、何を聞くかを「計画」して欲しかったから。ここでも大事なのは「対応型」から「計画型」になることが大事、ということなんです。

発表2日前にこやたんの2度目のレビューをしました。この時はまだ思考の深掘りが浅く、解像度が低い状態だったのでがっつりレビューしました。あと2日で、どれだけできるのか、楽しみでもありドキドキしながらこやたんとのレビューを終えました。

4:こやたん優勝の秘訣

養成所メンバーの発表は、みんなすごくよかった。過去の経験とか、熱量とか、みんなが本気で自分に向き合ってくれていることが嬉しくて、聞いていて涙がでてきました。

だから本当に選ぶのは難しかったです。でも、発表の後、鳥羽さんと僕が1位を選ぶ際、2人の意見は一致していました。
鳥羽さんは、「愛とリスペクト」こそが大事だといつも言っています。僕も本当にそう思います。こやたんのプレゼンからは、  #20代マーケピザ  と、 #20代マーケピザ 養成所への「愛とリスペクト」がひしひしと感じられました。

こやたんの発表は2日前のレビューの時から圧倒的に解像度が高くなっていました。レビューの後、真剣にこやたん自身に向き合い、「どんな生き方をしたいのか?」「そのために何が必要なのか?」を考え続けた結果だと思います。圧倒的な変化量を見せてくれました。

自分を経営するとは、まさにこういうことなんです。自分の人生の目的を考え、目的を達成するために計画して行動する。闇雲に行動するのはプロフェッショナルではありません。こやたんは、プロフェッショナルとして自分を経営するための目的をしっかり第1回のお題で見つけて、計画として示してくれました。

僕が第1回お題の「プロとは何か、経営者として自分を経営する」の終了要件をバッチリ満たしてくれてたんです。僕というクライアントを満足させるプレゼンをしたというのは、まさしくプロフェッショナルの仕事ですよね。

こやたん本人がどう考えたかは、ぜひこちらを読んでみてください。

こやたん本人のnoteはこちらです。



5:本気で自分を変えたい人、待ってます

僕の経営するムーンショットでも定義している「価値は相手の変化量」。
こやたんはわずか1ヶ月で、大きな変化を遂げてくれました。それはこやたんが本気で自分と向き合い、  #20代マーケピザ 養成所のメンバーひとりひとり何を与えられるかを考え続けたからこそです。(こやたんのnoteに書いてある通り、養成所メンバーのプロフィールを全員分読み込んだとのこと!)

#20代マーケピザ 養成所には、こやたんをはじめとして本気で自分を変えるために頑張っている仲間がいます。既に応募してくれたみなさんの申し込みフォームを読んでいると、その熱い気持ちに感動し、もっと仲間が増えることが楽しみでなりません。

未来において、チャンスは全員に平等です。  #行動格差 があなたにあるだけです。ぜひあなたもこのチャンスを掴み取っておください。あなたの情熱に溢れたご応募、お待ちしています!

応募はこちらから。8/20までは僕のコーチングが受けれる抽選がついてます。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
5

企業の10倍成長に効くノート / 株式会社ムーンショット

過去に会社経営やアドバイザーとして経験したことを元に企業が10倍成長を遂げるために効果的なことをお話します。 経営者の方、出世したい方向け。IT関連、マーケティング、テクノロジー企業で働く人にも有効です。 菅原 健一 / すがけん @xxkenai
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。